闇金/ヤミ金

絶対融資可能

消費者金融系と銀行系では、審査基準が違いますがブラックになったら情報が共有されている現代、融資は、難しいかと思います。。。

ブラックでも融資を可能にする場合、ヤミ金融を探してみたり審査の甘い消費者金融を探してみたり、色々と探されると思います。

破産者などがローンの審査が通らない理由を考えたとしたら、破産でブラックになっており、情報社会でデーターが共有されているからでしょう。

通常の融資が困難な場合は、激甘金融や審査甘い融資を探すと良いでしょう。

また、ヤミ金融から借入を考えているなら、闇金体験談など参考にすると良いと思います。

金融ブラックが融資可能な業者

正規の消費者金融を延滞するとブラックとなり、情報社会の日本では、情報が共有され消費者金融で借入が困難となります。

そんな消費者金融ブラックでもOKな貸金業者を特集ました。

金融ブラックが融資可能な貸金業者は、多くありません。

私が考える金融ブラックが融資可能な貸金業者は、二通り。

ブラック
審査甘い

一つは、二流の消費者金融会社
二つに、ヤミ金融業者と考えます。

二流の消費者金融であれば大手と違ってブラックでも融資、審査ゆるいんで無いかと思います。

また、ヤミ金融で融資を考える事ができれば確実融資、絶対融資に近いと考えられます。

ヤミ金でも融資を行ってる闇金融業者と、人を騙してでも、金を引っ張ろうって闇金融業者がいますので注意が必要です。

こういった審査が激甘だと思われるヤミ金融業者ですが問題があってからでは、遅いので、判断力が問われます。

即日融資
消費者金融

借金取り立て…?!携帯が鳴るとビクっとする

【特別PR】
消費者金融でのブラック色々参考にするなら「ブラックでも諦めない」へ!

延滞がある訳でもないのに、ビクビクしながら生活をしているのは私だけだろうか

家族に内緒の借金と言うこともあり、何かの間違いで業者から家に連絡が入り、
それで私に連絡をして来たのでは?とか、管理不足で振込先を間違えたのでは?等々
借金生活が長くなってしまうと、全てにおいて自信を失い、支払い資金の工面を含めて
不安ばかりが自分を襲ってくる。

借金自体の延滞はないが、「電気代が遅れた」「携帯が明日止まる」といった不安事が
借金返済を優先する事から毎月のように襲ってくる。

普段は業者から電話なんて入らないのに、「連絡があって繋がらなかったらどうしよう」
「家に電話が入ってしまうのではないか」といった、ありもしない事を考えてしまうのと同時に
頻繁に携帯が止まったりすれば、家族にも問い詰められる可能性が出てくる。

どの方向から考えても不安だらけで、解決策も見当たらない。

「こんな生活から開放されたい」が本音だが、理由が何であっても借金は自分の責任であり
自分で何とかするしかない。でも、人に話したくはないし、誰に助けを求めても、助けてもらえないのが普通である。
どんどん追い込まれて行き、全ての自信を失い、社会的信用も失い、自分の周りには誰も居なくなるのではないか
そんな不安に襲われるような借金は、キレイに完済できれば二度としない。

ただ、キレイ完済できるのか?しなければならないから頑張っているが、
不安が先に立って自信を持てない自分が、ここにも存在している事実は消えない。

【PR】
消費者金融審査甘い
ブラックでも諦めない
Loan shark ~ 実録 闇金融の表と裏

大手じゃなければブラックだろうが自己破産後だろうが借りれるんだなw

<p>ブラックで全く借りれなかった俺でも借りれるっていうのは良い世の中だと思う。</p>
<p>ちなみに俺は自己破産経験あり、原因はまぁ、ギャンブルだ。</p>
<p>合計4社から借りて一番多く借金があったのが450万。</p>
<p>それでも懲りずにギャンブルが止めれず、またお金を借りたって訳。</p>
<p>本当にダメだな。</p>
<p>つまり何が言いたいかというとこんな<a href="http://yamikinn.com/">俺でも借りれる消費者金融</a>がたくさんあるって事。</p>
<p>ほとんどの人が、延滞したから借りれないとか、大手で審査落ちたから借りれないって思ってるでしょ。</p>
<p>でもそんな事ない。</p>
<p>俺でも借りれたから皆借りれるよ。</p>
<p>ネットとかで、「ブラック 絶対 融資」とかで調べれが結構出てくるから。</p>
<p>ま、今はちゃんと返済してるけどね。こういう履歴が完全に消えるのは7年ぐらいかかるって言われてるから</p>
<p>それまでは真面目に返済はするよw</p>
<p>あぁ、本当はギャンブルを止めないといけないんだがなw</p>

とても親切だったヤミ金スカイ

ヤミ金スカイ(スカイファイナンス)以外の闇金からも借りていたことはあったけどあまり相談にものってくれなかったしやたら上から目線で話してくるから正直ムカついてました。

確かにこっちはお金を借りてる立場かもしれないよ?けどこっちだって金利を払っているんだしお客でしょ?って。

あんた達だって借りてもらえないと商売成り立たないんじゃないの?話していても人間扱いされないって感じる事がすごくあった。

でもヤミ金スカイの声の低い人(名前忘れた笑)は最初のうちは他の闇金の人と同じかなって感じだったけど付き合っていくにつれ色々とアドバイスのような事をしてくれるようになった。

前日電話したら「○○君、元詰めって知ってる?」って言われて「それはなんですか?」と聞いたら「例えば5万円借りたら毎月利息を払っていって最後にまとめて元金を返さないといけないと思ってない?うちは利息と一緒に元金も少しずつでも返してもらえればその分毎月の利息も安くできるよ」って。

こんなことを言ってくれる闇金なんて初めてだった。酷いところになると返済日になるとわざと電話に出ないで利息を上乗せしてくるような酷いところもあるけどここはお客の立場になって考えてくれる。でもこれって商売だったら当たり前のことなんだけどね(笑)その当たり前もできない所が多すぎるよ。そう思わない?

自己破産 会社の代表をしている場合

会社の代表者として経営をされている方が自己破産をされる場合、法人と個人の両方を同時に申し立てた方がよいのかと言う壁にぶつかるかと思います。

会社を経営している個人の方が自己破産をしても,法人と個人は法律上別個の主体として扱われますので,法人の借金はなくなりません。そのため,個人のみ自己破産をして借金をなくしても,法人の代表者として法人の借金についての返済義務は残ってしまいます。
また,債権者は法人が自己破産をしてくれれば税務上債権を損金計上できるため,債権者の方としても法人も自己破産を申し立ててくれることを望んでいるのが通常です。
さらに,裁判所も自己破産申立に必要な少額管財費用(東京地方裁判所の場合20万円)についても法人と個人両方を同時に申し立てる場合には両方で20万円という運用を行っています(東京地方裁判所の場合)。そのため,裁判所も個人だけではなく法人の自己破産手続も同時に申し立てることを奨励しています。

ヤミ金融対策の強化について/闇金融業

(修正・更なる改革を進めるべき要点)
1 ヤミ金融による被害情報が速やかに警察当局に伝わる体制を整備すること。
2 ヤミ金融による貸付金については元本の請求が出来ないこと、ヤミ金融に対する返済金は全額返還を請求できることの2点を改正法に明記すること。

(理由) 
1 ヤミ金融に対する罰則の強化、取締りの強化徹底については異論はない。
 高金利、無登録営業は明確な犯罪行為であり、民事不介入といった考え方が生じる余地はない。警察当局による取締り、摘発強化に不可欠な被害情報をより収集しやすくするため、法律家及び各種相談窓口と警察当局の連携体制を整備する必要がある。

2 ヤミ金融により貸し付けられた金員は、不法原因給付であるから返還の義務はない。(民法第90条、708条)また、ヤミ金融に支払った金員は不当利得であるからについては返還義務はない。(民法703条、704条)以上の点を改正法に明記し、ヤミ金融業が経済的に非合理的な事業であることを知らしめ、ヤミ金融の発生を抑える必要がある。

Ⅲ 「過剰貸付の抑制」について

(修正・更なる改革を進めるべき要点)
1 過剰貸付抑制策の実効性を確保するため、規制違反行為に民事上のペナルティを科すこと。
2 リボルビング契約の毎月の支払額等については、自主規制規則ではなく法律に明確に定めること。
3 カウンセリング体制を充実させるため、日本支援センターの連携先として、家計管理指導を行う団体のみならず福祉関係機関や経営相談窓口、金融支援機関も加えること。
4 銀行等に対する資金需要者保護のための規制についても早急に検討すること。

(理由)
1 多重債務問題の原因のひとつに過剰貸付が挙げられる。改革骨子は過剰貸付を抑制するため、指定信用情報機関の創設、貸金業者に対する返済能力調査の義務化、過剰貸付の禁止、支払額・返済期間の適正化、カウンセリング体制の充実の必要性を指摘しており、基本的には妥当である。

さらに実効性を確保するため、過剰貸付規制に違反した場合、行政処分を課すことはもちろんのこと民事上のペナルティーを科す必要がある。
  たとえば、
① 過剰貸付でなないことの立証責任を貸金業者に課したうえで、
② 過剰貸付でないことを立証できない場合、当該貸金契約については
ⅰ) 無効である。 
又は
ⅱ)借主は取り消すことができる。
との民事上の規定を創設することにより、「過剰融資規制」の実効性をあげることが可能となる。
2 リボルビング契約は借り手に債務負担を意識させないため、返済期間の長期化し、その結果多額の金利負担を招くことなる。この弊害を防止するため支払方法に関する一定のルールを設ける必要がある。このルールについては貸金業協会の自主規制規則を内閣総理大臣が認可するとの仕組みでは不十分であり、法律で明確に定めるべきである。
3 先にまとめられた金融庁原案が指摘するとおり、日本司法支援センター(法テラス)が家計管理指導を行う団体との連携を図りカウンセリング体制を充実させることも必要と考える。また法テラスには生活困窮者や、中小零細事業からの相談が寄せられることが予想されるため、これらの人々のためのセーフティネットを担う福祉関係機関や経営相談窓口、金融支援機関との連携を更に図る必要がある。
4 改革骨子においては、銀行等に対する資金需要者保護のための規制策が講じられることとなるかは明らかではなが、先にまとめられた金融庁原案においては、健全性の確保等の要請により厳しい監督に服していることを理由に、過剰貸付規制等については貸金業者のみに課すこととしている。
  銀行は新たな収益源確保を目的として銀行本体でのリテール部門への参入の動きを見せており、この流れは今後も加速することが予想される。後述するとおり、現行の利息制限法所定の利率自体大変な高利であり、バブル期の融資姿勢を考えれば銀行による過剰貸付が行われないという保証はない。銀行等により多重債務問題が今後も発生するのであれば今般の改正の意味はない。したがって金融庁原案の指摘のように「将来的に」ではなく「早急」に、銀行等を含めた規制の枠組みを検討すべきである。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加