« 審査の甘い消費者金融 | トップページ | ブラックリストってなにものなんだ? »

芸能人、母親の生活保護受給が問題

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)が25日、母親の生活保護受給が問題になっていることについて都内の所属事務所で記者会見を行い、生活保護受給を認めて謝罪。一部返還に応じる意向を示した。
 
     「正確に確認ができていない」(渡邊宙志弁護士)としながらも、受給開始の時期について河本は「芸人活動を始めて2、3年後の14、5年前だったと思う。  (自身の)第1回目の援助は5、6年前からで、援助の増額を決めたのは今年1月」と説明。その後、報道を受け、4月に母親の申し入れによって生活保護の受  給を辞退したという。
 
   「福祉の方と相談した上でのことで、(受給は)ずっと正しいと思っていた。問題があるとは気付かなかった。いろい  ろなご指摘があって、初めて人として自分だけが甘えているんではないかと思った。そのことについては情けなく思う。道義的に人として、まだまだ未熟者だっ  た」と語った河本。
 
   一部の返還の意向を明らかにしているが、正しい分も返還するのかという問いには「収入がたくさんあるにもかかわら  ず、生活を保護を受けていたという事実の部分に対し、認識の甘さがかなりあった。5、6年前からの分はすべてきちんとお返しするつもりです。あくまでも  (返還は)自分の気持ち。今まで福祉の方に助けていただいた分を返すということです」と続けた。
 
   自分の母親が生活保護を受けていたこと  に対しては「正直なところ、情けなくて恥ずかしい気持ちです」と本音を吐露。「誰にも知られたくなかったですし、そういうことも全部、世間の方に明るく振  る舞うことが自分の仕事だと思っていた。ずっと仕事をしてきましたが、早く(母親を生活保護から)抜けさせてあげなければという思いだった」と話した。

これにより、社会は河本に同情はしなかった。

なぜなら、「あれだけ稼いでいたのに、後輩芸人に一晩で100万円おごったり、派手な金遣いをしていたから貯蓄がほとんどないらしいんです。それなのに長男は  有名私立小に通っていて学費がベラボーにかかる。しかも、先の騒動では母親以外の親族の生活保護の受給も発覚して、その親族の面倒も河本が見ることになり  ました。先日、河本は母親の生活保護費の一部約800万円を福祉事務所に返還したそうですが、お金が足りなくて知人から借りたそうです」(芸能ライター)
   
 金策のために自慢のコレクションも次々に売り払っている。3台あった高級外車のうち2台を最近売却し、現在所有しているのはポルシェ1台のみ。フラン  ク・ミュラーなどの高級腕時計も中古時計屋に泣く泣く売却したという。家賃35万円の高級マンションを退出するのも時間の問題など、不正受給だと確信しかできない報道がなされたからだ。

そんなおいしい生活保護の申請のやり方はこちら。

« 審査の甘い消費者金融 | トップページ | ブラックリストってなにものなんだ? »

借金」カテゴリの記事