« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

審査 甘い

消費者金融で審査が甘ければ。
ちょっと無理っぽい融資でも、審査が甘い業者ならば・・・、
なんてお思いの方、多分、いると思います。

消費者金融もビジネスでお金を貸しています。
ビジネスある以上、やはり、貸し倒れのリスクを極力減らすこと、これは当然のことです。

続きを読む "審査 甘い" »

大手じゃなければブラックだろうが自己破産後だろうが借りれるんだなw

<p>ブラックで全く借りれなかった俺でも借りれるっていうのは良い世の中だと思う。</p>
<p>ちなみに俺は自己破産経験あり、原因はまぁ、ギャンブルだ。</p>
<p>合計4社から借りて一番多く借金があったのが450万。</p>
<p>それでも懲りずにギャンブルが止めれず、またお金を借りたって訳。</p>
<p>本当にダメだな。</p>
<p>つまり何が言いたいかというとこんな<a href="http://yamikinn.com/">俺でも借りれる消費者金融</a>がたくさんあるって事。</p>
<p>ほとんどの人が、延滞したから借りれないとか、大手で審査落ちたから借りれないって思ってるでしょ。</p>
<p>でもそんな事ない。</p>
<p>俺でも借りれたから皆借りれるよ。</p>
<p>ネットとかで、「ブラック 絶対 融資」とかで調べれが結構出てくるから。</p>
<p>ま、今はちゃんと返済してるけどね。こういう履歴が完全に消えるのは7年ぐらいかかるって言われてるから</p>
<p>それまでは真面目に返済はするよw</p>
<p>あぁ、本当はギャンブルを止めないといけないんだがなw</p>

CICで自分の信用情報を確認する

開示制度とは、消費者ご本人の申し込みにより、CICに加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約の内容や支払い状況等を確認できる制度です。
ご自分の情報が現在、信用情報機関に登録されているか、されているとしたらどのように登録されているかを確認することができます。

続きを読む "CICで自分の信用情報を確認する" »

自己破産 料金はどのくらい?


・自己破産するにもお金がかかる


・自分で行う場合は、「同時廃止:1~2万円」・「少額管財事件:約20万円」・「管財事件:約50万円」


・弁護士に依頼する場合、これとは別に依頼料が必要になる


続きを読む "自己破産 料金はどのくらい?" »

おまとめローンは申し込み書の書き方が肝心!

<p>申込書の中で、まず電話番号は着目されます。固定電話があるかないかで信用度は変わります。 </p>
<p> 固定電話もあるのに家に電話がかかったらイヤだと思って固定電話しか書かない人もいるようですが、<br />
  連絡は携帯電話にしてもらうようにお願いすることもできます。携帯電話のみでは信用度は低くなってしまうので、固定電話がある場合は絶対に記入しましょう。

  居住年数も必ずチェックされます。<br />
  持家の方がいいのは確かですが、賃貸でも居住年数が長ければ長いほど信頼度が高くなります。<br />
職業は重要なポイントで、辞めたり解雇される率の低い職業がポイントの高い職業です。

  最も信頼度が高いのは公務員、次いで大手企業の社員、中小企業の社員という順になります。自営業や個人事業主は借入についてはかなり不利な職業です。

  <br />
  年齢については、20代後半から30代くらい、それも独身が最も貸したい対象のようです。給料もそこそこの額で、それを自分で使える人であれば、返済も大丈夫だと考えられるからです。 </p>

<p><a href="http://xn--n8jl4gvdqa6877d9wrl5x.com/?p=130">ローンの延滞回避術!</a></p>

債務整理中への即日融資

お金を借りるなら金利がなるべく安くて、さらに贅沢を言えば無利息期間があるほうがいいですよね!

自己破産者は、きちんとしたクレジットカード会社などでは融資を受ける事が困難になります。

自己破産者は融資が受けられないと法律が決めているのではなく、クレジット会社などが自己破産者 の情報を把握しており、貸さないと判断しているからです

 

続きを読む "債務整理中への即日融資" »

サイト管理の方向性

多くの金融に関するサイトを運営していますがWebのパワーってやっぱり凄い。

SEOと言われるテクニックがどうしても関係してきて競争率が高いキーワードなんかは、大変だけど掘り出しのキーワードとか見つけるとラッキーって感じです。

多くのサイトがトップページに力を入れたりしてますが下のフォルダのページもSEO対策をしてあげれば変化がある予感

 

 

続きを読む "サイト管理の方向性" »

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »